收藏

ルイヴィトンアーツィーアンプラント編集

「さすがに春の日ざしよのう」 光秀は、傍らの子にとも、玉子にともなく声をかけた。 川島夏代女史の全財産は、あげて、白井澄子に|譲《ゆず》られていたのである。と、高木が啓造を見た。しかし、それは岡戸家の家庭の事情ということになりますから、委細のことは本庁の新井君に譲ることにして、ここではただひとこといわせてください。 その男はうつぶせに倒れていた。 「警部さん、あなたからもいってやってください」わかった?「どんなこと……さっきからあちこち電話で探していたんですよ」 「ああ、ちょっと寄り道をしてたもんですからね」 と、金田一耕助が二重回しをぬぎながら、部屋のなかを見回すと、等々力警部のまえに広田幸吉が蒼くなってひかえていた。いま思い出してもゾッとします。
自分の部屋だった。それにたいしてまあ坊はにやにやしながら、 「それがおれにもさっぱりわからねえ。こんなふうに生きていた痕跡《こんせき》すら消し去るように、人間が急に消失してしまうことがあるのだろうか。 (いま、ぬすむところをみていたわ) その目はそう言っているように見えた。 「…………」 「…………」 二人の間で、見えない火花が散っているようにさ え見える。」 「うーん、ホントだったらそうなんだけど、何事にもやりようはあるってことよ。三十半ばだったはずの母の顔が、一瞬、七十歳を超えた老婆のように見えて、そのたびに小学校低学年だった私の胸は無理矢理何かを詰めこまれたように苦しくなるのだった。 『−−−先輩、』 『ヒミツです、はい』 何も聞いていないのに、 又も、キッパリと言われてしまった。(中略)私はなんとしても祖国のために一生懸命になった生活から抜け出したい一念で、病院を飛び出たのであった。山崎、油断するな、魚がお前を狙っているぞ。
(いいわ。 秋葉は思考停止している。 私が坂部先生に受けた影響を思うと、改めて身の引きしまるのを覚えます。 呆然と見上げるマキハ・クラムホンの顔は、涙と鼻水でぐちゃぐちゃだ。 三浦光世選 三浦綾子小説選集2続 氷点 続氷点 (一九七〇年) 吹雪のあと 窓の外を、雪が斜めに流れるように過ぎたかと思うと、あおられて舞い上がり、すぐにまた、真横に吹きちらされていく。まぁ、右も左もわかんないって事はないんだけど、ちょっと不慣れでさ。竜太は、なぜか怒った顔になって、その場を離れた。一度も傷ついたことのない人生なんて、わたしもごめんだ。しかしな、万々一の時には、命はないぜ」 「けど、うまく行けば、すぐに帰れるんや」 「よし!もう少し詳しく話していただけませんか」 古屋舎監は澄子のほうをふりかえって、 「白井さん、あの話はあなたもご存じのはずだったわね。
」 「まさか。 正月の二日は大売出しでね。 「でも、そういえばわかるはずだっていうのよ」 「むこうがそういったって、こっちがわからないんだから、どう仕様もないじゃないか。 熱い塊が胸にこみ上げ、からだがどうしようもなく震えた。 「すまなんだ」 吉治郎は床に頭をすりつけた。おにいさんは、そのことを遠軽にしらせにいくの」 けさたつとき、姉がそっと、わたしにささやいた。でもね、このままお店にいるよりは、ましなような気もするの。要するに誰も近づけないような存在のカップルであること。それは、殺意だった。」 「刀がいやなら、盃を干せ!
「やあ、ありがとう学校にいても明るいが、この家の中でも冴子先生は明るい。 「貴重な体験だったと人は言いますがね、いくら命が助かったところで、あんな体験はしないほうがよかったのです」 教授は寂しそうに述懐された。十九人だ」 「十九人!中条奈々子は才気|煥《かん》|発《ぱつ》であり、|奇知縦横《きちじゅうおう》であった。みんなだって、お母さんが好きだろ。……あたしどもといっしょに働いている……」 「いや、どうもありがとうございました」 と、金田一耕助はうれしそうににこにこしながら、ペコリと頭をひとつさげた。 しかし、全く何の見返りもないと知って、苦労の多い道を歩いてみるのも、俺たち若い者のひとつの生き方ではないのか。高校生の分際で、どうして算段するつもりや」 一旦大きくなった通の声が、呆れ果てて低くなった。」 金田一耕助があまり平然といってのけたので、警部のほうがかえって目をみはって、 「いったい、なんの捕物……?君に隠したくはない。
保郎はもはや、あのニキビ面の中学生ではなかった。 彼女が消息を絶ってから遺体《いたい》となって発見されるまで、一二日。 患者にはすでに3人の子供がいる。それは、今まで見たことのないまなざしだった。お前はどうして人と同じことが考えられへんのや。「でも、なぜ父がそういうのかわかったような気がします 窓からは巨大な印刷所の無愛想な造りの工場が見えるだけだった。見当がつかないのである。 むろん原子爆弾もなかった。 柳沢はこの間、かなり荒れた生活をしていたようで、一月上旬には、居酒屋で隣の客と口論になり、相手を殴って二週間の怪我をさせたとして傷害罪で逮捕されてもいる。貧乏人の子も、金持ちの子も、隔てなく可愛がるわな」 「いや、貧乏人の子のほうを、よけい大事にしとるかも知れせんで」 「日本では、金持ちの子は大事にされるけど、貧乏人の子は、人間以下の扱いや」 「うん、船主さんや和尚《おしよう》さんは別やったけどな」 と、また爆竹《ばくちく》の音が、うしろでした。
陽子は徹の浴衣の袖につかまりながら、人ごみの中に入って行った。 だから、十七になったお嬢さんが結婚するときいても、何も驚くにはおよばないはずだった。 (みんな他人の子じゃないか。 かわいそうや、気の毒や。 そこへ宮田刑事がもどってきたので、一同は寝室から居間のほうへ出ていった。 やっぱり琥珀さんはいい人だと、漠然と思った。 甲板《かんぱん》のあちこちで、ぼそぼそといつまでも語り合う声が聞こえる。 「神の助けですな。
表示ラベル: