ルイヴィトンタイガパスケース適する何年齢|ルイヴィトンキーケースコピー_ルイヴィトンタイガパスケース製品,ルイヴィトンタイガパスケース公式サイト 江西省景德镇水务有限责任公司


2015-02-11 01:41    ルイヴィトンタイガパスケース
 今でも彼は、森に行くたびにあの雑誌を思い出す。あの写真を見ていた時の目が眩むほどの衝撃を……ページをめくっていた指の震えと、息苦しくなるほどの胸の高鳴りを……そして、無意識のうちに、あの雑誌を探している自分に気づく。 [#改ページ]   第1章     1.  その朝も彼女は午前5時に目を覚ました。  隣で気持ち良さそうに眠っている夫を起こさないように、ダブルベッドからそっと抜け出す。部屋の片隅の小さな冷蔵庫からミネラルウォーターのペットボトルを取り出し、それを手に寝室と隣りあった浴室に向かう。  ゆったりとした造りの脱衣場でパジャマを脱ぎ捨て、真っ白なバスタブに湯を張る。バスタブに湯が満ちるまでのあいだ、冷たいミネラルウォーターで水分補給をしながら、いつものように下着姿のままで入念な美容体操を行う。  首と肩の筋肉をほぐすための運動、二の腕を引き締めるための運動、ウェストと下腹部の運動、腿《もも》と脚の運動……10分ばかり美容体操に専念したあとで、木綿の下着を脱ぎ捨てて浴室に入る。  大きなバスタブに満ちた透明な湯に静かに身を沈める。住宅街の向こうに上り始めた夏の朝日を、目を細めて眺める。  自宅の3階にある浴室には、きょうも朝の光が満ちている。ブラインドを通した朝日がバスタブの底にまで差し込み、彼女の滑らかな皮膚にシマウマみたいな美しい模様を作っている。体にびっしりと付着した無数の気泡が、朝の光を受けて透明なビーズのように光っている。  目を覚ましたばかりの鳥たちの声がする。新聞配達のオートバイのエンジン音がする。犬の散歩をしているらしい老人たちの話す声も微《かす》かに聞こえる。 「あー、気持ちいい……」  目を閉じ、両足をいっぱいに伸ばして、全身を包み込む温かな湯の感触を楽しむ。それは、毎朝のように繰り返されている彼女の至福のひとときだった。  誰にも邪魔されることのない、彼女だけの朝の時間——。